スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

免疫力アップ!

数日前から胴まわりに蕁麻疹(湿疹?)が出っぱなしなんですけど。


まーそのうち治るべと思ってたのに中々消えない。


ネットで調べたけど原因不明なパターンが多いらしく(-ω-`。)

多分私のこのブツブツも免疫力の低下とかそんなんだと思うのね…


だから免疫力アップの食材を検索し、今夜はそれらを食べました。


パスタにニンニク一個投入。
中華サラダにたっっぷり酢をかけた。
食後に納豆(おろしだれ)。
さらにヨーグルト。




そしていま、お腹が痛い。
痛い…


なんなの
スポンサーサイト

ふぅ、愛してる(*^o^*)


暑い日でもくっついてきていたふぅちゃん。

ふぅ~(*´艸`)だいすき。




さて、誰にも望まれていませんが私にとって印象的な名言を紹介します。

「政治と芸術は対極にあり、相互に社会を補完しあっている。」



どこできいたか誰がいってたか思い出せない(*_*)
けど全くその通りだと思う。
特に震災後はそう感じることが多いなー



この「芸術」っていうのは広い意味での芸の全て、音楽も絵画も演劇も文学もお笑いもファッションもグルメも。
創造的なもの、精神的なもの。表現の全て。


「政治」は、政治的なことの全てを指していると思う。





政治家はどうせ政治家的な仕事をするので

芸術家は素直に愛と平和を訴え続けていけばいいと思う。それが仕事


それが社会、の補完!(*。>Д<)oなんだ
多分。



日本、良い方向へ行ってくれ。





烏龍茶冷まし中


朝から蒸し暑かった(´д`;)

雨なのに暑いってなんなの…
サウナみたい。

帰り道も汗かいてベタベタした
(+_+)家についてすぐさまシャワー浴びてアイス食べたよ。





夏といえば、冷蔵庫に冷たい麦茶か烏龍茶がなくっちゃね。


最近買ったごく普通の耐熱ポット。
たいへん気に入っています!(・∀・)

なんだかとっても使い勝手が良い。
900円くらいだったかな?

サイズも調度いいし、シンプルだし、注ぎ口の切れも素晴らしい。
長く使えそうだし。


いい買い物しましたな~( ̄∀ ̄)




ふぅ



消防車の画像は3月9日のもの。
3月11日の二日前、大きめの地震があって津波注意報をよびかける消防車。
それを窓越しに眺めるふぅ。


今日は各地で合同慰霊祭&供養祭でした。

私は仕事だし行かなかったけど、行けばよかったかなぁ…


名取市の死者は約千人。慰霊祭は、遺族と関係者だけでも2500人が来る予定だっていうから、それ以外の人も合わせたらとんでもない人数だよね

私は肉親や親友が亡くなった訳じゃないからなんとなく遠慮しちゃった。近所の人や同級生や同級生の親たちが何人も亡くなったけど、私の代わりに両親が参列したので許しておくれ。(´・ω・`)




先週、なんと私の部屋の洗面台にふぅちゃんの毛が一本くっついていました。
あの日から3ヶ月も経ったのに。

猫の毛って、取っても取ってもどこかにくっついてるもんだけど、
それにしてもびっくりした。

3月11日に着てたダウンジャケットはクリーニングに出したし、ヒールが磨り減ったブーツは修理に出したし

デニムスカートは毛がくっつく素材じゃないし…

インナーは猫に触れないから元々毛はついてないし…(-ω-;)うーん
どこから飛んできてここにくっついたんだろう

カーディガンかな??

何日も履き続けてボロになった厚手のタイツか…?

それともバッグの隅に入りこんでた毛がふわふわ飛んで洗面台にくっついたのかなー



とりあえず小さいビニール袋にふぅの毛を入れて保管してみた。

鑑識にまわしてくれ!(`・ω・´)

みたいなかんじで。


あの日に履いてたボロタイツを引っ張り出してよーく見たら、やっぱり猫の毛らしきものがいくつかくっついてた。
洗ってもとれないもんだよね。


この毛を埋葬して猫のプチお墓でも作ろうかな。そうするとちょっと気持ちが変わるんだろうか。

私は、「ふぅのことは私が殺したようなもんだ」とずっと思っています。
なんでそう思うのかはわからないけど、その気持ちが本気過ぎて人にうまく話せない。



両親はふぅを家の中に置いて鍵を閉めて避難した。
こんな巨大津波はまさか想像できなかったので、もしかつてない大津波がきても二階にいれば大丈夫って感覚で家に置いて、車で祖父母を避難させに向かった。
ふぅは車が嫌いだし。

両親を責める気は全然ないよ。
なんにも失ってない人は「なんで連れていかなかったの?」っていうかもしれないけど。



それにもし私もその場にいたら、同じようにふぅを家に置いていったかもしれないから
だから私がやったも同然なんだよね。



ミタコは走って自由に逃げたい場所に逃げ去った。
変な話、ミタちゃんの性格から言って、生きても死んでもそれが本望だったと思う。
もちろんミタちゃんも怖い思いをしてかわいそうだよ。



津波で自宅がどんな風に壊れたのかはわからない。
聞いた話では、町全体がゆっくり移動するように流れて、家と家とがぶつかりあって、壊れたり火事が起きたりして徐々に瓦礫になったんだって。


ふぅは甘えん坊で一人がきらいなのに、動く家の中に閉じ込められてどんなに怖かったか…
かわいそうでかわいそうでしょうがない。



最近、夢にミタコが出てきた。
だっこしたら逃げられちゃう気がして、恐る恐る抱き上げた。
そしたら、すっごくリアルな“ミタコの重さと毛並”を感じた。
ふぅを探したけどいなくて、ふぅに似た子猫がたくさんいた。


今朝は夢の中でミタコが毛繕いしてた。
あっ!ミタコだ(・∀・)
と思って、ふぅのことも探したけど見当たらない。かわりにふぅに似た子猫がいた。
それがもー(≧ε≦)キュン死にしそうなくらいきゃわいい子猫で萌え萌えだった!

柄がちょっとふぅに似てるんだね~~(*´艸`)
なんて話しかけたりして胸キュンで目覚めた。


なんなの。

よくわかんないけど(´д`;)

かなしいんです。



唯一避難先の小学校につれてこれた一匹(祖父の家の5匹の猫たちの中の一匹チョビ)も、小学校の階段を上がっているときのどさくさで逃げ出してしまった。それっきり見つからない。

飼い犬をケージにいれたまま置いてきてしまった人の話しもきいた。


家族の手を離してしまった人の話はよそのブログで読んだ。



今日は慰霊祭だし、そんなことを思い出しながら悲しんで過ごします。


ふぅごめんね。



終わりすぎて始まる


昨日は一日中寝てました。朝寝て昼寝て夜も寝た…

今朝は祖母から履き物とか届いたよ
ぁあもう日付変わったか(´・ω・`)



ちょこっと買い物行って

午後は葬儀に行って


昔お世話になったシニア向けパソコン教室に寄った。



このパソコン教室の先生は閖上(ユリアゲ)の人で
津波に飲まれたが奇跡的に助かったのです(-ω-`。)



とってもクレバーな人です。現実主義的なかんじです。


私は閖上の復興に関してもやもやした気持ちがあったので
お話をきけたらいいなと思っていました。

でも忙しいだろうし、自分の失言の多さを考えると気が引けるし(-.-;)
どうしようかと迷いつつも、葬儀場から駅までの通り道にある教室だからやっぱり寄ることにした。



閖上に対するモヤモヤっていうのは
「閖上にとっての“復興”ってなんなの?どうなることなの?(-公- ;)」

ってことでした。

閖上に戻りたい人と戻りたくない人がいて

今は地盤沈下で住めない状態で

でも政府が金かければ住める環境になるんだろうか?
無理なの?無理じゃないの?
固定資産税払ってる土地はどうなるの?

とか…
ぐるぐる考えて結局「復興って何?」ってなる。
閖上は瓦礫の撤去が進んで砂漠みたいになってますけど、これって復興??

コレただの「片付け」だよね…(-ω-;)
このあとどうすんの。


今日の葬儀の喪主の挨拶では
「私は復興した閖上に帰りたいと思っています!」って言ってた。
そんなセリフをきくと泣ける。
そしてなんだか嬉しいような気さえするんだ。




しかし、K先生に色々とうかがった結果…

とにかく国が方針を決めないとどーにもならないし
地元の人たちがいくら話し合ったってまとまるわけねーじゃん

ってことと、

閖上に住むのはまず無理と思った方がよさそうだ

ってことはなんとなくわかった。

でも政府がもしドカーンとお金をかけてくれるならどうなるかわからないけど…

閖上大橋の一番高いところのすれすれまで津波がきたんだから
閖上全部をあの高さで埋め立てなきゃいけない
でもどこの山を切り崩してそんなに高く広範囲を埋め立てるのか

閖上の西の方の田んぼのあった辺りとか
閖上の中の比較的内陸に移転するとして、誰がそこに住みたがるか

海で仕事してる人たちが満足する移住先なんてあるのか



むむむ…(-ω-;)


しかしこんなこともおっしゃっていました
「もし自分がソフトバンクの孫さんくらいお金もってて、今の閖上を好きできるとしたらどうするか考えてみたら?」

というわけで、色々想像してみた。


(・ω・)そう考えると…

「閖上終わった」と思ったけど色々できそうじゃないかなと思えてきた。
「閖上終わり過ぎて始まった」ってかんじだ。



あとは私が100億くらい軽く稼げればいいだけだ!(・∀・)

なるほどなるほど


“終わりすぎて始まる日”は来ねー(ToT)
私の頭じゃ解決できない。



名取のパソコン教室 ブログ
http://blog.goo.ne.jp/natori_2005

イメージと違うらしい


今年は色々あったので、夏祭りは気合いを入れて浴衣で参加するぞ!
浴衣買っちゃうぞ!(`・ω・´)ノ


と、密かに決意したのは先週のことでした。

7月は東北六魂祭があるからね~(・∀・)


それからというもの、YouTubeで着付け動画をみてイメトレしたり、
どこのお店で買おうか検索したり…



それを知った父からメールがきました。
「浴衣を買うなら埼玉の親戚がくれるってよ。どうせ一人で着れないからって断ったけど、取り消して送ってもらう」

メールはそんな内容だった。



なんで一旦勝手に断った…(-Д-*)…?
という疑問を感じたけどつっこまなかった。


母が断ったんだろうな…(-ω-`。)

浴衣をくれるっていう埼玉の親戚は、母方の祖母か祖母の妹にあたる人のことだし。


だけど翌日さらにメールがきた
「何だかイメージが違うので、自分で買った方が良いです。
但し着付けに必要な小物はばあちゃんが送ってくれるそうです。(下着とかヒモとか‥)」





なんでだ…(-ω-;)

イメージと違うかどうかは私にしかわからないはず…
誰の中のイメージとちがってたんだ…



色々と謎だけど、自分で気に入ったのを選んで買うのが一番安心だし
まあいっか!



埼玉のばあちゃんからもメールがきました。

「待っててね。私も楽しみ。」

だってさ(*^o^*)

なんだか私が浴衣を着ることを喜んでいるみたいだよ。

ばーちゃんありがとう!



そーいえば先日会った宮城にいる方のばーちゃんは
明るい水色のギンガムチェックのエプロンしてて可愛かった(*´艸`)似合ってるし

多分自分で選んだんじゃなくてもらったものなんだと思う。

「じーさんと一緒に買い物に歩くのがいやだけど、荷物が多いときは年寄りだから持てなくて
仕方なく一緒に行ってる(´・ω・`)」
可愛いエプロンのばーちゃんは、そんな愚痴(?)らしきことをぼやいてた。
じーさんの目の前で(笑)

ばーちゃん、エプロン可愛いんだからいいじゃん。そんなことは気にしなさんな(・∀・)



ねこまっしぐら



今日はがんばった(*。>Д<)o

色々と買わなきゃいけないものとかやらなきゃいけない用事をほとんど済ませたよ。

ちかれた~



部屋に緑が欲しいと思い続けていましたが、一昨日よーやく300円ショップで鉢と葉っぱを買いました。

300円ショップ「3COINS」は安くてかわいいくて素晴らしい。グッジョブ。

今日は雑貨屋で欲しかった小鳥もゲットしたよ。
植物と小鳥…(*^o^*)癒されるじゃないか!



ミタコはこの小鳥もどきが大好きだった…

というか、大嫌いだったというか…


これを見ると、完全に肉食動物の目つきになって追いかけ回し、噛みつき、羽を剥がし…

…(((゜д゜;)))


とにかくミタちゃんは「てめぇぜってーブッ殺す!!」という気迫で小鳥を執拗に追いかけて噛みついて振り回していました。
小鳥になんの怨みがあるんだか…


脚の部分に針金がついてて危ないから、出来る限り取り除いてミタコあげた。

あわれ

小鳥モドキはバラバラに…




あれ?

なんの話だっけ…(´д`)



そうそう、先日父に会ったとき言ってたんだ

「なんかミタちゃんはどっかで生きてるような気がするな~(´・ω・`)」って。
私も、ちょっとだけそう思う。

ふぅちゃんは人間がいないと生きるのが難しい性格だったけど、

ミタコのサバイバル力は飼い猫の域を越えていたもんだから。



(-ω-`。)なんて…

ニャンコたちのことを考えると若干しょんぼりするけど

しょんぼりしちゃいけないなんて決まりはないのだ!





元気だったけど


ばーちゃんとじーちゃんに会いにいったら、お土産に佐々直のかまぼこをもらった。

ばーちゃんはしっかり佐々直のかまぼこを買っていたんだね(孫と違って)。

かまぼこと水菜のワサビマヨネーズ和えにました。




現在祖父母は、叔母と三人でマンションの一室で暮らしています。

じーちゃんは5匹の猫たちをみんな死なせてしまったことをとても悲しんでた。

それに今までの家が田舎で広かったもんだから、駅に近いマンションは非常に狭いし、居候みたいな気分らしい。


でも素敵な部屋だったよ。明るくて住みやすそうな場所だけどね。


ずーっと暮らしてきた閖上がほぼなくなり、
知人たちが生きてるのか死んでるのか、どこに移り住んだのか知る術もないし、仕事もないし、(´д`;)

地元の知り合いがバラバラになって
気軽にお茶飲みに来る人もなくなり


ちょっとばーちゃんたちかわいそうだよ…
(。・ε・`。)


電車に乗ってどこかへ移動するにも足腰悪いから大変だろうしさ…



う~ん(>_<)何か楽しみを見つけてくれるといいんだけど


私が一番恐れているのは痴呆になっちゃうことです(´;ω;`)それと、鬱。


心配だ…(ToT)



とりあえず両親がいる仮設住宅には一回行ってみるって言ってた。
その仮設住宅は閖上の人たちがたくさん入ってるから、他の知り合いにも会えるだろうし(・∀・)


…電車とタクシーで行くのかな…?(-_-;
電車乗るの大丈夫なのかな~

無理しないで電話して誰かに迎えに来てもらっておくれ~(>_<)





プロフィール

chiharu

Author:chiharu
http://chihaco.web.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。